HOME ›› 通販での購入のポイント

通販での購入のポイント

通販での購入のポイント

通販サイトでレビトラを購入してみたけど、待ってても家に届かなかったという事例があります。それはその通販サイトが詐欺サイトというわけではなく、個人輸入代行サイトだからです。個人輸入で薬を買う場合は、全て海外から発送をしてもらうことになります。これは薬事法で決められており、国内から発送してもらうことができないためです。

購入できるのは「本人の利用」する分

購入できるのは「本人の利用」する分

基本的に個人輸入される品物は通関でチェックされます。特に医薬品に対するチェックは厳しくなっています。というのも、医薬品を国内で転売や譲渡の目的で仕入れているならば、誤った服用方法などで副作用を多発させてしまう可能性があるからです。そのため、医薬品の個人輸入は原則として購入した本人が利用するかぎり輸入が認められているのです。

通関で引っかかるケースが多いのが、「本人の利用」のところになります。たとえば、レビトラは勃起不全治療薬であり、女性には服用する価値のないものです。それなのに女性が購入していたなら「本人の利用」と明らかに違うことになります。そのように通関で認識されてしまうと、輸入することはできなくなります。いくらパートナーが服用するための購入であってもそれは認められていないのです。

また、通関で引っかかってしまう理由は決して性別だけではありません。一人で利用するにはあまりにも数が多いと思われたときも同様です。一人で消費しきれない量ということは、転売や譲渡の目的が疑われることになります。その為、通販であまりにも多くの数を購入した場合は、通販を通ることができないかもしれません。

そのため、もしもレビトラを通販サイトで購入しようと思っているのなら、男性の名義で適切な範疇の数量のみを購入するように心掛けることが大切です。自分自身が利用する意思が伝われば、通関で輸入がストップされることなく、きちんと自分の手元に届くはずです。

ED治療薬のレビトラ